夏といえば「サマーウォーズ」。 ~記憶をたどって~

夏といえば、「サマーウォーズ」。

異論は受け付けない。

青春、アクション、近未来、そして、古き良き日本の夏。

そのすべてが詰まった作品、日本夏映画の金字塔である。

うる覚えで僭越ながら、以下、作品をアピールしていきます。)

 

 



 

物語の舞台は、近未来的な日本の夏。

セミが鳴いていて、気候は、蒸し暑い。そして、ひとたび、青春に耳を傾ければ、部活、バイト、遊びにはげむ高校生たちの声が・・。そう、現代と何ら変わらない。しかし、一つだけ、この物語の世界には現代にはない、あるモノが存在した。

 

それは、「バーチャルの世界」。ネット上には、現実世界をまねた3次元の空間(バーチャル空間)が存在し、人々(物語に登場する老若男女のすべて)は、人型の3次元アイコンをその空間の中に自分の分身として持ちます。まぁ、現代で一番近いものでいうと、「どうぶつの森」でしょうね。「どうぶつの森」と違う点は、単なるゲームではなく、もっと現実と密接に結びつき、暮らしを豊かにする仮想空間として、存在している点だ。具体的には、バーチャル空間内で、買い物、投資、娯楽、貯蓄といった日常に必要なすべてを行うことができるのである。

 

さて、前置きはここまでにして、以下で、サマーウォーズの魅力を順にピックアップしていく。

 

【サマーウォーズの魅力1.】圧倒的ヒロインの存在。

性格、ルックス、ともに整った女の子が、この物語のヒロイン。

この演出が、青春映画としてのヒットに一役買っています。

このヒロイン、主人公の男子高校生より、一つ年上で、いわゆるお姉さんタイプ。

「最近の若い男の子は、草食系が多い」ため、妹タイプよりもお姉さんタイプのヒロインのほうがヒットすると、製作者側が見込んでいたとかいないとか・・・

 

【サマーウォーズの魅力2.】バーチャル内での花札を活用した戦闘シーン

どんな映画でも、バトルやアクションのシーンを挿入すると、迫力が出て盛り上がりますよね。サマーウォーズでは、ヒロインと敵が、バーチャル空間内で、花札勝負(こいこい)をするシーンが見所です。花札で劣勢になると、自分の3次元アイコンが実際にダメージを負う(逆も然り)という、いわゆる「遊戯王スタイル」ですので、迫力があります。

 

【サマーウォーズの魅力3.】近未来と昭和(平成)との融合/対比。 

かの伝説的ロックバンド、エアロスミスも、ロックに(日本でいうところの)民謡を融合した曲作りで、世界的なアーティストとなった。

「ある場所に行き詰まった後、さらに高みを目指す」には、「既存のジャンルにとらわれるでなく、異なるジャンル同士の融合を試みる」というのが、「どの世界でも共通認識である」という「私の解釈」である。

この解釈によれば、細田監督は、近未来と日本の伝統との融合を試みた結果、見事、映画作品として大ヒットしたのだと思われます。

 

 

 

さぁ、みんな、この夏失われた青春を取り戻しに、下のリンクをクリックだ!

そして、俺に念願の初収益を発生させておくれよ!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サマーウォーズ [ 神木隆之介 ]
価格:4224円(税込、送料無料) (2022/8/18時点)

楽天で購入

 

 

 

 

challenge for all of my life

そう、圧倒的に足りないんだ、何もかもが。

仕事量も、勉強量も、チャレンジ回数も、挫折回数も、俺には足りてない。

俺は、昨日の俺を全否定する。

狂気に身を置かない俺を、嫌悪する。

俺の日常は、常に刺激的かつ冒険的でなくてはならない。

アンニュイで、シュール、混沌とした出来事も待ち望んでいる。

 

そんなイメージに、現実の自分は重ならず、ずれていってしまっていることに焦った。

 

ずれは、修正するしかない。

そこで、一つ思いついた。

今度のお盆休み、フィリピンに行くことにした。

 

まあ、1週間留学でもしようと思っているのだが、大事なのはそこじゃない。

なぜなら、仕事があるため、フィリピンにいける期間はたったの一週間しかないからだ。

お盆までの約2か月で、どれだけ留学のための準備ができるか、この留学をコンテンツ化できるか、そこにかかっているんだ。

 

ということで、フィリピン留学について、ここでいろいろと発信できればと思いますので、是非とも皆さんよろしくお願いいたします。

 

 

fun for my blog are my angel・・・

 

    ■     Angel  /  Aerosmith

 


www.youtube.com

 

 

I am crying for you every day・・

 

 


www.youtube.com

 

 

 

僕の本棚、僕のバイブル、

今週のお題「本棚の中身」

 

どうも、ピンヘッドラッドです。

今日は、僕の本棚を紹介したいんだ。

「手軽なインプットを可能にする存在」

それが「本」だ。

人生という短い時間の中で、自分で経験したことだけを、自身の血肉にしていくスタイルは、効率が悪すぎるから・・・

人の経験を、本で学んで血肉に変えていこう。

そんな想いを持つようになったのは、いったいいつからだろうか?

 

何者かになろうとしてる今はもちろん、何者かになった後でも、俺は本を読み、考え、行動に移してくんだ。そういうことができる男なんだ、僕は。

それでは、僕のバイブル、紹介してくよ!

 

 

① 「いぬまるだし」

 

 

      「「「 って、マンガかよ!!!」」」

 

    ピンヘッドラッドの振って振って落とすスタイル、ここに健在。

あくせくする毎日に追われて、更新頻度は少なくなっても、このスタイルは、永遠に守り続ける。これが、俺の原点であり、俺のすべてなんだ。ちなみに、リアルで俺とトークする時も、ずっとこんな感じだから。あと、しつこいんで、結果超うざいから、気をつけてね!

 

 

これは、僕の大好きなギャグマンガ、「いぬまるだし」だよ!

下半身丸出しの幼稚園児「いぬまるくん」が主人公。この子が、幼稚園での日常を舞台に、ボケてボケてボケ倒す。それに対して、幼稚園の先生「たまこ先生」が、ツッコんでツッコんでツッコみ倒す。そんなお話でございます。

個人的には、「斉木楠男の災難」より、「ピューと吹くジャガー」より、「銀魂」よりも、これが好きだよ。

 

以上、ピンヘッドラッドの本棚よりお届けしました。

お返しいたします。

 

 

 

海が見える街

今週のお題「好きな街」


       - 海が見える街に住みたい-

そう思うようになってから、いくらかの時が経った。

海をこれほど魅力的な場所と感じるようになったのは一体いつからだろうか?

潮風、さざなみの音、広い景色、海岸沿いの道路、そんな海に関わるすべてが、僕に憂鬱よりも高揚を、過去よりも未来を、近眼よりも鳥瞰をもたらしてくれた。


また、サザンの影響も大きいだろう。海というものをとても魅力的に歌い上げてくれたからだ。サザンだけではない、歌だけではない、、海を題材とした作品には、魅力的なものが多い。

少なくとも僕には、そう思えた。


海岸近くは田舎町が多く、くたびれた街並みが、風情を醸し出す。

漁港や釣り場特有の海の生き物が腐敗した匂いは、なぜか嫌いになれない。


近々、また、海の見えるあの街に行こうと思う。かけがえのないあなたを探して…


「一つ一つをあたためながら、分かっていくことが大切さ。」

「いつまでも、見つからぬもの探すことも必要だけれど、一つ一つをあためながら、分かっていくことが大切さ。」

 

俺の大好きな尾崎豊の曲「失くした二分の一」の一節である。

 

一つ一つ、単語を覚えていくこと。一つ一つ、人とコミュニケーションをとっていくこと。そんなんが大切だろう。そりゃあ、焦るさ。そりゃあ、怖いよ。全然、面白くないし、しんどいんだ。

 

俺の心は日に日に色褪せていくし、鈍っていく。俺の脳はアルコールにやられちまって、とっくに、まともな思考回路なんかじゃないのさ。

 

あとどれだけの「地道」を繰り返せば、俺は「辿り着ける」んだ?

「try and error」は、もうたくさんだ。「error」も、「try」すらも俺にはもう必要ない。「complete」が、「success」が、喉から手が出るほど欲しいんだ。

 

でも、それがかなわないから、俺は、「地道」を続けるんだ。結局のところ、これが一番の近道。遠すぎる近道。

 

人間関係だってそうさ。「地道」を続ける俺を、素直な俺を、いつだってみんな愛したがる。もう、うんざりなんだ。俺の心はとっくにリタイア。南国で、甘い果実片手に、ハンモックに揺られる日々を夢見てる・・

 

けど、そんな夢は次第に現実に壊され、俺は、また、「地道」を続けていくんだ。

うねり、もがき、苦しみながら・・・一生続けていくんだ。「地道」ってやつを・・

壮大さ。

壮大な何かを探し求めている。

今までも。これからも。

何かなのかは、分からない。分からないから、困っているし、周りをも困らせている。


結局のところ壮大ならなんでもいいのかもしれない。

でも、どんな壮大な事象も地道な努力の上にしか成り立ちえないのは、容易に想像ができる。


「それならば、努力しなければならない。」


それなのに、俺は何もしていない。何もしてあげられない。他者にも。自分自身にさえも。ただの傍観者でしかない存在。


要するに、俺は何も探し求めてなどいないのだ。必死に何かを探し求めている自分を思い描いているだけの存在。


羞恥心に自己嫌悪に…そんなものだけが降り積もっていく毎日。


これは序章。転調するほどにフィナーレは輝く…






え、あなた今年もう26なんだし、序章なわけないよね(^^)

I have no time.

俺には時間がないんだ。

限られた肉体、限られた今という環境。そして、限られた時間。

分かっているはずなのに、今日もまた、パチンコに行って3,000円擦ってしまった。

パチンコほど無駄な時間もないだろうに。けど、当たった時の、当たりが継続した時の感覚が溜まらないんだ。演出が溜まらないんだ。病みつきだね!

 

最近、マッチングアプリを始めた。始めたのは、俺も前に進まないといけないと思ったからだ。恋人がほしいわけでは・・・ない。以前も一回withというマッチングアプリをやっていたが、1~2か月でやめてしまった。始めたときの、そしてやめたときの細かな感覚までは覚えていない。きっと、peer preasureで始めて、駆け引きがめんどくさくなってやめたんだと思う。いや、思うようにマッチングしなくてやめただけかもしれない。とはいえ、結局戻ってきた。でも、なんのプライドかwithはやっていない。ペアーズとタップル、そしてtinderの3つをやっている。ちょこちょこ、いいね!をもらったり、マッチングしたりはしているが、メッセージのやり取りをするまでには至っていない。ねぇ、女の子。やるからには結果、出してこうよ。

とりあえず、1,2回デートできれば俺は満足。こんな心持ちでは無理そうw

 

仕事は至って順調。家族もおおむね順調だが、不調に転落傾向なので心配。みんな、ガンバ。老化なんかに負けないで!自分は明日から仕事。サラリーマンは、アル中の進行を妨げるのに役立ちそう。日中はどうやったって飲めないしね。でも、最近そこまでアルコール必要なくなってきたかも。ほら、俺って強いほうの人間だから。いつか俺にも子供ができたら、この世界のすばらしさと強い生き方ってのを教えてあげたいな。

 

 

追伸

 

今日、街で振り袖姿の女の子を見かけました。新成人のみんな、成人おめでとう。